日本医師会副会長に診療報酬改善要請



 日本医師会副会長の青柳俊・中医協委員に対しては、大詰めを迎えた診療報酬改定審議の中で留意されたい事項について要請をしました。

 室生会長は、診療報酬本体のマイナス改定を許さなかったことについて日医の奮闘に敬意を表するとともに、「プラス・マイナスゼロということは、マイナスの診療科目や医療機関が必ず出るということであり、新たな矛盾を最小限に抑える」ことを訴えました。

 具体的要望事項として、初再診料の新たな包括化などによる各科格差を生まないこと、新たな患者負担増につながる入院時食事療養費の食堂加算やメニュー加算の廃止・引き下げや特定療養費制度の拡大をやめること、多剤投与における処方料等の減額や手術の施設基準など不合理項目の是正、などをあげました。

 青柳委員は、「今回はどこかを深く掘って財源を出すことはしない」として、「食事療養費に我々としては手をつけるつもりはない」と述べ、物価下落によって値段が下がっている部分などを引き下げて財源とする意向を示しました。前回改定の不合理是正については、「重視している」とし、保団連の要求事項に理解を示しながらも問題は「財源である」と述べました。

 なお、医師標準人員欠如における届出問題での改善要請も合わせて行いました。