ホーム



高額医療費、国保等の改善を求め署名
提出……京都協会



 京都府保険医協会は、このほど「高額医療費償還制度の改善を求める住民要求署名」「医療制度改善を求める住民要求署名」2724筆を、京都府知事と府内44自治体首長に提出しました。

 この署名は、京都協会が昨年10月から3回にわたり、地域から「皆医療」の回復めざし開催した市民フォーラムで明らかになった住民の医療要求を運動に連動させ取り組んできたものです。署名では@高額医療費の償還払い、A国民健康保険、B患者の自己負担軽減、の問題について、改善を国、自治体に要求しています。

 この取り組みとあわせ、「医療制度改善を求める1万人の府民の会」の組織化を進めており、2つの署名は、同会への登録を兼ねるという仕組み。3月18日現在で、2803人が入会しています。