ホーム


核戦争防止国際医師会議(北京)に参加しました

中国・北京市で開催された核戦争防止国際医師会議。

 核戦争防止国際医師会議(IPPNW)第16回世界大会が、9月17日から3日間、「PEACE THROUGH HEALTH」(健康による平和)をテーマに、中国北京市において開催されました。大会の期間中、全体会議のほか、テーマ別に6つのシンポジウムと19のワークショップ、地域別交流会などがおこなれ、核兵器廃絶と核戦争防止を求めるとともに、米国と、米国によるイラク戦争への批判が相次ぐなど、活発に討論されました。初日の開会総会には、世界平和市長会の会長でもある日本の秋葉忠利・広島市長もスピーカーとして発言し、参加者の大きな共感が寄せられました。

 大会には世界各地から56ヶ国約350人が参加。日本からは、IPPNW日本支部や「核戦争に反対し、核兵器廃絶を求める医師・医学者のつどい」に参加する医師・医学者などから合わせて約70人が参加しました。保団連からは、山上紘志理事が参加し、保団連が作成した「いまイラクの子どもたちは」の英語版パンフレットを配布、宣伝しました。