ホーム


地元選出国会議員と懇談……高知協会

 高知保険医協会は、地元選出国会議員との懇談を進めています。10月3日には、広田一参院議員(無所属)、五島正規衆院議員(民主)と懇談しました。

 広田議員との懇談には、小松会長ら4人の医師役員が出席、協会事務所で懇談しました。広田氏は「医療に関しては知識も浅いので、教えていただきながら国会で頑張っていきたい」との立場を表明、「混合診療解禁と特定療養費」「最近の制度改正による患者減や医療機関経営の状況」「県民病院と市民病院の統合をどう考えるか」などについて質問しました。これに具体的に答える形で懇談しました。

 また消費税については、医療へのゼロ税率、食料品非課税などへの理解を示しましたが、「財源上、引き上げは仕方ない」との考えも表明しました。

 同日午後には、小松会長、大岩副会長らが五島議員を訪問。懇談・要請を行いました。五島氏からは、政府や財界が進めようとしている医療改革や自身の政策や見解について、資料も準備し、詳しく説明がされました。

 五島氏は、混合診療解禁に反対の立場を表明、また消費税ゼロ税率について、「以前から主張していたこと。現在の国民医療費の中で大雑把に計算しても5000億円は消費税分ではないか」と発言しました。また歯科医師会の贈賄事件について、真面目にやっている歯科医師からみれば、とんでもないことだと感想を述べました。