ホーム


医療費の総額管理反対で財務省要請


医療費の総額管理を止めるよう求める要請書を手渡す住江副会長(右)。

 保団連の住江副会長は10月20日、医療費の総額管理や社会保障予算の自然増削減に反対する財務大臣宛て要請を行いました。

 住江副会長は「国民は命と健康を守るために税金を払っている。しかし医療費を総額管理して抑制したり、社会保障予算を削減するのであれば、一体何のために税金を払っているのか分からない。不要・不急の予算を削って社会保障費に回すのが財務省の仕事のはずだ。今の財務省の姿勢を正してほしい」と要請しました。