ホーム


「許すな医療改悪国民集会」に1万4千人が参加--さいたまアリーナ


さいたまスーパーアリーナに1万4千人が参加。医療改悪と増税反対を求めました。

保団連の住江会長が開会挨拶を行いました。

医療改悪、大増税計画にストップをかけようと2月9日、全国から1万4千人がさいたまスーパーアリーナに集まり「許すな医療改悪・大増税2・9国民集会」を開催しました。保団連も参加する医療団体連絡会議、中央社会保障推進協議会などが主催したもので、主催者を代表して保団連の住江会長は「小泉政権のさらなる悪政を許せば、国民生活は壊滅的な破壊になる」として、「悪政を断じて許さないという、世論の大爆発が今こそ必要である」と開会挨拶をしました。

 集会ではこの後、患者、医師、看護師らの代表が演台に立ち報告をしました。来賓挨拶では、日本難病・疾病団体協議会の坂本秀夫事務局長が、「今回の政府・与党の医療改悪案は、難病患者などにとっては生死に関わる大問題だ。そのため、人工透析患者らが寒風の中、厚労省前で座り込みを行った。財政再建ありきの医療費削減は改めてほしい」と訴えました。

 また、神奈川県保険医協会の平尾理事長は「厚労省は、医療費を圧縮するために、更なる患者負担増と診療報酬の引き下げの必要性を強調している。しかし、脳卒中を減らし、医療費を減少させ、さらに糖尿病による透析患者をゼロにした市町村の施策から学ぶべきである。患者負担増をやめ、診療報酬を引き上げても、国民医療費を引き下げることが可能なことを訴えたい。」と述べました。