ホーム


医療「改革」法案の徹底審議求め国会要請


仙谷議員(左)に要請する住江会長(右)。

患者負担増の医療「改革」法案の徹底審議を求め、保団連の住江会長は11日、民主党の「次の内閣」厚労大臣担当である仙谷由人・衆院厚労委員に要請しました。

住江会長は「昨10日の衆院厚労委員会の審議は医師不足問題に集中し、肝心の高齢者負担増や混合診療の拡大などが十分論議されていない。療養病床の廃止・削減や医療費推計の過大試算などもそうだ。決定的に審議時間不足だ。国民の命と健康をまもるため、拙速な採決をさせることのないよう奮闘いただきたい」と述べました。

仙谷議員は「審議時間が不足していることはご指摘の通りで、大事な法案の中身が国民の分からないところで通されようとしている。負担増だけが、決められようとしている。先日の地方公聴会でも与党推薦人でも実質反対の人が多かった。最後まで、がんばりたい」としました。