ホーム


障害者自立支援法の改善求め1万2000人が集会開く


厚労省前に座り込む障害者の皆さん。

参加者は日比谷野外音楽堂を埋め尽くしました。

10月31日、障害者自立支援法の改善を求める障害者の皆さん1万2000人が集まり、厚労省前・日比谷公会堂・日比谷野外音楽堂で「出直してよ障害者自立支援法。10.31大フォーラム」を開きました。同フォーラムは日本障害者協議会・障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動実行委員会・全日本ろうあ連盟が主催しました。

障害者自立支援法は、従来、所得によって決まっていた障害者医療・サービスの費用を、応益負担の1割負担に引き上げるもので、負担増から施設通所やホームヘルプの断念や抑制が発生しています。この応益負担が続けば、サービス利用だけでなく、生活の継続さえ困難になる恐れがあります。

参加者の皆さんは、公会堂・音楽堂でフォーラムを開催したあと、国会に要請デモ行進を行いました。