ホーム


街頭無料健康相談に1000人…熊本協会

熊本協会は毎年恒例の街頭無料健康相談を開きました。
相談科が分かりやすいよう黄色の看板をつくりました。

熊本協会は4月22日、毎年恒例で第23回目となる街頭無料健康相談を熊本市下通アーケード街で開催、1000人近い利用者がありました。相談を受けたのは医師25人、歯科医師7人はじめ83人の医療関係者のボランティア。いま受けている治療に関する相談が多く、普段は思っていても口に出せないことを遠慮なく相談していました。

 今年はいくつかの工夫も行いました。一つはこれまで1カ所に置いて配布していた患者向け疾患パンフレットを各科別の相談コーナーに置いたこと。また、相談コーナーの専門科を示す看板も増やしました。

 毎年1回、切れ目なく続けてきている相談を待っている市民の人もいるとのことです。