ホーム

 

東北関東大地震/宮城協会・仙台訪問報告
広川内科クリニック 広川 恵一

 

避難所で診療に当たる広川医師(右)

 

このたび保団連医療支援チームとして現地に向かいました
メンバーは
和歌山保険医協会 小野田理事・上野事務局長
兵庫県保険医協会 足立事務局員・横山事務局員と私です

訪問先は宮城県保険医協会と仙台周辺
目的は
@宮城協会を中心とした被災状況をうかがう
A医療機関を中心とした被災状況とニーズを知る
B被災状況みききする中で阪神淡路大震災と比較しながら課題を検討しあう
C行政のとりくみ状況・医療供給状況・課題をうかがう
D必要であれば被災地診療の足りないところの協力を行う
E避難所を訪問し状況について現地のスタッフから話を聞く
F地元の手による拠点づくりへの協力と今後にわたる関わりの可能性を考える

日程は
和歌山協会は3月20〜21日
兵庫協会は当初3月20〜21日を予定していましたが
現地で一旦20〜23日と最終的に上記目的から20〜21日としました

以下報告です(半括弧はうかがった話の内容です)
3月20日
訪問先
宮城県保険医協会事務局・仙台医療館・避難所(鶴巻・岡田小学校)・県庁・協会事務局

<山形から仙台に>
@陸路日本海回りで山形(足立・横山事務局員)、空路で伊丹(7:25am発)から山形に(広川)
A山形空港で神戸からの足立・横山事務局員2名と合流
B薬剤・医療資機材搬入の車で一部山形道を通って仙台に
C緊急車両(県警に申請)で山形・東北高速道路使用(無料)・給油可能(20L午後5時まで)
D途中一般道では200〜300台の給油まち(20L・3000円まで)のところが見られる
Eコンビニエンスストアーは閉店〜制限した開店・開店まち客が列を作る

<和歌山県保険医協会>
@宮城保険医協会で和歌山協会の小野田協会理事・上野事務局長と合流
A小野田Drの話に今後予想される東海・東南海・南海・中央構造線地震への備えを感じた
B小野田Drをはじめとして和歌山県協会との研究会や連携は大切と考える
C阪神淡路大震災−東日本大地震−予想される東海・東南海・南海・中央構造線地震
 
<宮城保険医協会>
宮城事務局長・野地事務局長より説明
1) 会員の被災状況は入手できていない
2) 23日から現地対策本部となる(それまで会長の医院が対応)
B宮城協会会長・北村神経内科・仙台医療館に移動(仙塩街道:仙台と塩竃のほぼ中間地点)
C途中仙台医療館の手前の七北田川の川堤に溢水あとがみられる
D仙台医療館500mまで津波が押し寄せたとのこと

<宮城協会会長・北村先生(北村神経内科・仙台医療館)宮城野区>
@会長の医院に移動し会長から現地の状況など説明を受け懇談
1) 気仙沼で会員が2人亡くなった
2) 水没・損壊した診療所が多い
3) 震災後スタッフとも泊まり込み・2日前から水道が使える
4) 3日間は薬手渡すだけの診療体制・後片付けに追われる
5) 会員の安否確認とニーズの把握に努めたい
D被災保険医療機関の診療報酬概算請求制度について説明

<避難所訪問>
鶴巻小学校と岡田小学校の避難所2カ所で診察・外傷処置・健康相談など
[鶴巻小学校避難所]
@水は2日前から出るようになった
A支援団体は滋賀県健康福祉部・新潟県・仙台国立医療センター
B医療関係では仙台医療センターのメンバーが入っている
C滋賀県のメンバーに薬剤師がいて車からの必要薬剤取り出しにとても助かった
D外傷処置では津波で両親を助け子どもを抱きかかえて下腿切傷処置が不十分なまま化膿
[岡田小学校避難所]
@水はまだ出ず
A体育館で「血圧が高い人や診察の必要な人は」と声をかけ手の上がったところに対応
B降圧剤がない・切れたという人たちが目立つ
C喘息で薬がない(津波で取り出せなかった)人など
Dアトピー・花粉症の子どもの母親が困っているなど
E医療班としては広島医療センターが入っている

[両避難所の特徴]
@両避難所とも医療ニーズは極めて高い
A診察・投薬・処置と安心をはかるゆっくり話を聞く対応が必要(医療ニーズ)
B阪神淡路大震災でも同様だったが内服していた薬をなくしている人が多い
Cこの時期になると切らしてきている(そのことで不安をもっている)人が多い
D降圧剤・経口糖尿病薬・喘息治療薬・抗生剤・消毒薬・ガーゼのニーズは高い
E北村神経内科の長島看護師とペアを組み診療させてもらった
Fナースのサポートで言葉の面でも気持ちの面でも安心感がありスムーズにすすめられる
G避難所でナースと震災後はじめて避難していた人と安否確認できる場面もあり
H避難所では複数の看護スタッフが求められる(その必要性がわかる人は極めて少ない)
I仙台市内は落ち着いているが沿岸側は津波被害甚大(仙台以南は津波の経験が余りない)
J避難所の人たちの多くは津波で車・自宅が押し流されている〜使えない状態
K家族が亡くなっている人が多い
L神戸から来たと伝えるととても喜んでくれる
M全国からの支援を心からうれしいと言ってくれる(みな同じ気持ちだと思われる)
N津波が町全体を襲ったところの地元医療機関は被災状況は極めて大きい
Oかかりつけ医療機関の機能回復の人的・物的支援による速やかな通常診療復帰が大切
P避難所では診療再開医療機関の情報の案内徹底と搬送を含め受診すすめることが大切

<県庁訪問>
@県庁で上原災害医療コーディネーターとの被災地の課題について懇談(会議中も余震)
A依頼を受けて東北大学から市を除く県全域のコーディネーターとしてつめている
B県保健福祉部医療整備課地域医療班の職員さんに代わり多忙な中時間をとってもらった
1) D-MAT・J-MATなど災害医療機能のシステムが機能した
2) 避難所からのニーズがつかみにくい
3) 災害による外傷・疾患に加え、慢性疾患の悪化、新たな疾患への対応が今後必要
4) 通常診療への漸次以降が大切 
5) 医療ボランティアの調整に手間がとられセクリタリー機能のあるボランティアが必要6) 災害対策は県の対策と市の対策がそれぞれ別
7) 行政のできることは対応できるが要望がさまざまで行政のできないニーズも出される
8) 行政職員はほんとによくやっている
9) とにかく大変な状態で報告書も書けない状態 など状況についてお話を聞く
10) 阪神淡路大震災の経験など伝えてほしい
C現場での現地医療機関との地域医療復旧状況の調整会議など調整機能の発揮が必要
D避難所へのニーズの積極的な把握を課題とするセクションの設置の必要
E阪神淡路大震災同様さまざまな現地コーディネーターの心身の健康をまもる部署が大切
F避難所ニーズの正確な把握とその情報の発信は看護師の役割が大きいことなど伝える

<宮城県保険医協会事務局>
@県庁訪問のあと宮城保険医協会事務局で北村会長・野地事務局長と検討会
A持参した薬剤(費用は保団連)を宮城協会に手渡し
B薬剤については先発メーカーのもので使用頻度の高いものとした
(薬剤・医療機材一覧は別記)

<和歌山協会との協力>
@和歌山協会2名と兵庫協会3名で訪問・避難所での治療など機能的に対応できた
A小野田Drより宮城協会に多数の医薬品・食料品の提供あり
B宿泊は避難所予定していたが疲労と翌日の予定もあり宿舎を確保することとした
C仙台では宿舎は満杯で水・ガスのでない施設が多くみられた
D午後6時に和歌山協会の宿泊を仙台に兵庫は山形駅前にとり協会事務局で解散6:00pm
E移動には絶えずガス欠に気を配る(高速自動車道でも給油は5PMまで)
F移動車中では訪問のまとめ・確認を行い宿舎では報告書作成

3月21日
訪問先
仙塩街道・多賀城市津波被災地・坂総合病院・避難所(天真小学校)・亘理避難所(吉田小学校)

<山形から仙台の状況>8:00am出発
@山形市内は目につく被害なし
A道路寸断のため山形道から一般道・東北道を通り市内国道45号線(仙塩街道)で塩竃に
B途中の多賀城市は幹線道路・通りの商店など津波での被害甚大
C破損した車が多数道路際に移動され国道は機能している
DLPガスは供給できている
Eガソリンスタンドは閉店箇所多く(在庫なし〜損壊のため)
Fこちらでも給油のため2〜3kmの歩道上に並んでの車列がみられる

<塩竃・坂総合病院(350〜緊急増床で390床)>
病院2階の対策本部は30人ほど詰めており情報をスクリーンに提示するようにしている
対策本部・副院長の高津Dr(産婦人科)に被災状況・医療内容の特徴と支援状況を聞く
「私も保険協会の会員です」とのこと多忙な時間を割いて説明していただけた
1) 自ら地域の被災状況を見て回ったが多賀城市は水没していた
2) 病院はもともと地下水をくみ上げていてその水が使用できた
3) ガスが使えず中央材料室機能不能で予定の3件帝王切開術以後近隣医療機関と協力
4) 病院は24時間体制で対応している
5) 院搬送は30名で死亡した人は18人(震災当日8人)
6) 看護体制は3から2交代にしている(自宅から移動困難・体制上・ガソリン不足などで)
7) 宿泊は4月開所予定の保育所など使っている
8) 全国民医連・各院所からの救援・応援が翌日から入り対策本部を中心にすすめている
9) 意見はいろいろあるが通常体制に明後日から戻す方向
10) 神戸協同病院・上田Dr(20日より現地)が前日震災についてミニレクチュアーがあった
研修医の佐藤Drに聞く
1)検死では多くは溺死で医師会を通じて協力した
2)震災当日から体温22〜23℃の低体温症での搬送が多くうち多くの人を救命できた
近隣の医療機関と連携し(燃料事情解決する中で)一刻も早い通常診療体制復帰が望まれる
坂総合病院から車で10分の天真小学校避難所(高台にあり周囲は水害被害甚大)に

<天真小学校避難所>
@救護所で上田Dr と合流/現地の状況を聞く
1) 被災地域が広範囲
2) 石油が入らないことが今回の特徴の一つであり大きな問題
3) 低体温症での搬送受診が多いのも特徴
4) 早急に通常診療体制に戻すようすすめることが大切

天真小学校から仙塩街道を経て仙台市内に
<仙台市内>
@マスク・リュック姿の人が多い
Aここでも開店待ち客が列を作る
Bアーケード街は閉店のところが多い・路上での弁当販売・再開始めたところもあり
C市民を励ます張りがあちこちにみられる
D仙台駅は機能せず電車発着はなく路上の車台数は少ない
E駅前の階段は破損あり使用禁止のテープ

仙台から国道4号線で名取市を経由東部自動車道通り亘理ランプから吉田小学校避難所に
@沿岸沿いの広範な地域に水害跡が残り損壊家屋はもちろん自動車の撤去は手つかず
A盛り土の上の東部自動車道が津波を遮っているが西側にも一部水害のあとがみられる

<亘理・吉田小学校避難所>
避難所・救護室の亘理町保健福祉課の星野保健師から状況を聞く
1) 初日には収縮期血圧200を越える人が多かった
2) 低体温症の人は救急車要請して病院受診しても満床で返され一生懸命温めて助かった
3) 血圧が高い状況は医療支援の先生方(岐阜県医療センター)が来られて落ち着いた
4) まだインスリンがなく困っている
5) 食事は午前10時に一日2食分だけがまとめて配給される
6) 水は出なくて歯ブラシ・紙コップがなく行政を通して要請しているが入らない
7) 地震・津波の直後は靴をなくして裸足の人が多かった
8) 水はプールの水を使っている
9) 1700名避難され今日は550名で親戚に家などに移られあとは住宅のない人・高齢者に
10) 学校がはじまればどうなるのか心配
11) この地の特産はイチゴだが塩害で『もう2〜3年は無理かな』と農家の人は元気ない彼女は在宅の女性を急いで自分の車に乗せて避難中「もう助からない」と思ったとのこと
静かに控えめに語るその姿勢にこれから長期にわたる暮らし再建の確かな力を感じた

<帰路:亘理町から白石ICに入り東北・首都圏・東名・名神高速道路>
3:15pm吉田小学校避難所を出発、11:00pm牧之原SAで仮眠し3:00am出発7:00pm西宮帰着

足立・横山事務局員は10:00amからの事務局会議で報告に
二人の3日間の走行距離2000km超!
おつかれさまでした

<今後>
@拠点としての宮城協会・保団連現地対策本部と兵庫協会・対策本部の連携課題を明らかに
A現地対策本部に協会事務局から常時派遣・現地での活動に協力・ニーズ把握・情報の発信
B避難所・仮設住宅・転居者(兵庫など)のニーズ健康管理の課題について検討する(※)
C避難所・仮設住宅の医師歯科医師・薬剤師・看護師による訪問は重要な課題
D被災医療機関の安否確認(かなり把握されている)と直接的なニーズの把握・情報の収拾
E阪神淡路大震災の検討・東北関東大地震対応の中で東海・東南海・南海地震に備える
F阪神淡路大震災と比べ広範であり自治体のそのものの被災であることに留意が必要
G協会役員の現地訪問を適宜行い連携と協力を具体的にすすめ復旧・復興に協力する
H原発事故については情報収集と対応部署でのとりくみが必要
I放射線の研究会(研究部・各支部・薬科部)の開催1)会員・スタッフ対象・2)市民対象
J「被災地での生活と医療と看護」(1000部増刷・3月24日発行)の紹介・普及
(※)当院近隣医療機関でも当院でも被災地から受診されています