ホーム

いのちまもる10.20国民集会に参加…協会・保団連

集会には5500人が参加しました

 


 10月20日正午より、東京都・日比谷野外音楽堂にて、「いのちまもる10.20国民集会」が開催されました。主催は全国保険医団体連合会も参加する同集会実行委員会です。「社会保障と税の一体改革」による大増税と社会保障切り捨て計画が政治日程にのぼりつつある緊迫した情勢のなかで、保団連から各保険医協会・保険医会の役員・会員・従業員・家族ら約150人をはじめ、5500人が参加しました。
 集会は、山田真巳子医労連執行委員長のあいさつのあと、昨年の紅白歌合戦にも出場した歌手のクミコさんが2曲を熱唱、参加者によるコーラスも加わりました。続いて、山崎摩耶衆議院議員(民主党)、田村智子参議院議員(共産党)のあいさつと、国会議員からの多数のメッセージの中から石井みどり参議院議員のメッセージなどが紹介されました。また、被災地支援に奮闘されてきたベトナム全国保健医療労組のみなさんも海をこえて駆けつけ、参加者に紹介されました。
 次に、「このままでいいの?! 医療・社会保障・国のありかた」と題し、シンポジウムを開催、医師の立場として北村龍男宮城県保険医協会理事長、看護の立場から大利英昭東京都立駒込病院看護師、患者の立場から石川牧子東京公害患者と家族の会副会長、原発事故被害で苦しむ福島からの訴えとして、佐藤晃子さんが発言しました。このうち北村氏は、「地域の復興には医療の復興は欠かせない。そのために医療の公共性を担う民間医療機関への公的支援が必要」であることを強調しました。
 シンポの後、参加者全員で会場に隣接する厚生労働省に向けてシュプレヒコール。オレンジの「いのちまもるタオル」を掲げながら、「いのちをまもれ」と唱和しました。
 集会では最後に「@憲法を活かした住民本位の震災復興を、Aくらしと医療を破壊するTPP参加反対、B脱原発、エネルギー政策の転換を、C医師、看護士・介護職員等を大幅に増やし、地域医療の確保を、D患者・利用者負担を軽減し、社会保障の拡充を」を掲げた集会アピールを採択しました。(詳しくは http://hodanren.doc-net.or.jp/idanren/mysite1/index.html