ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次

 

原発のない未来へ
―NO NUKES DAYに3万5,000人―

全国保険医新聞2016年4月15日号より)


集会に参加し、会場周辺をパレードする保団連・保険医協会の役員ら

 3月26日、原発再稼働ストップなどを呼び掛ける取り組み「NO NUKES DAY(ノーニュークスデー)」として大規模な集会が東京で開催された。主催は原発なくす全国連絡会など。晴天の下、3万5,000人(主催者発表)が集まり、住江会長をはじめ保団連・協会の役員らも参加した。
 集会では作家の澤地久枝氏が、「福島原発事故で何十万という人がふるさとを奪われた。原発事故の被害者と手を結んで歩んでいきたい」と述べた。
 集会後に参加者は、「原発いらない」「再稼働反対」などと訴えながら、会場周辺をパレードした。

以上