ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次

 

【熊本地震】「患者さんが待っている」
―地域医療に打撃も医師ら奮闘―

全国保険医新聞2016年5月5・15日号より)

 

 保団連は熊本地震で被災した会員医療機関を訪問し、お見舞いや被災状況、要望の聞き取りなどを行っている。住江憲勇会長らは4月24日から28日、被害の大きかった益城町を中心に、熊本市東区、美里町、御船町、嘉島町、甲佐町、南阿蘇村、西原村の会員医療機関74件を訪問した。

■町で唯一の眼科

 益城町で唯一の眼科である清水眼科院長の清水勉氏は「スタッフも被災する厳しい状況だが、かかりつけ医に診てもらいたいと来院する患者が多く診療を再開した」と話す。地震直後はカルテラックなどの大型の機材が倒れ、院内には物が散乱。医療機器の破損もあり5日間ほど休業していた。清水院長は「来院した緑内障の患者さんは薬をなくし眼圧が上がってしまっていた。強いストレスが原因で視力が低下する患者さんもいた。被災下の医療ニーズの大きさを実感した」と話した。

■一日も早く再開したい

 永田内科医院は入口の柱が大きく損傷し、再び大きな揺れがあれば倒壊の恐れもある。入口付近は現在、規制線が張られ立ち入り禁止となっている。建物は規模を縮小して全館建て直しとなる。被災直後から医院の裏口を使って処方箋の対応を続けた。院長の永田美与氏は「日頃から診ていた高血圧や糖尿病の患者さん、地震の不安で不眠を訴える患者さんたちが来院した。患者さんが待ち望んでくれている。一日も早く安全な建物で診療を再開したい」と語った。
 益城なかぞのクリニック(内科)でも被災後の処方箋対応を続けた。家が倒壊し薬を取りに戻れない人や避難中に紛失したという人が多く、地震発生から一週間ほどの間に400人以上が来院した。
 内野玲歯科では16日の本震以後の断水で診療できない状況が続いた。レントゲン、コンプレッサ、バキュームなどが損傷し使用できない。「診療再開はまだですか」と訪ねてくる患者さんが多く、現在、限定的に診療をしているが本格的な再開のめどは立っていない。

■医療機器の損壊、地域でカバー

 医療機器や建物の修繕などの費用が高額に上ることが懸念されるケースも。くまもと温石病院(美里町)では天井崩落など建物損壊が大きい。本庄内科病院(熊本市東区)ではスプリンクラーの誤作動、配管破断による水害でほぼ全ての医療機器が損壊した。永広医院(西原村)でもCT、MRIなどが軒並み倒壊、大破した。院長の永廣武氏は「もう高額の医療機器は自前では買い直せない。医療圏全体でデータのシェアをするなどして、なんとか地域の医療を支えたいのだが」と話した。

■地域にインフラ提供

 災害時に地域のインフラとして機能している医療機関もある。熊本回生会病院(嘉島町)では、自宅が激しく損壊し余震に怯えるスタッフとその家族を病院内に避難させ、シャワーなどを提供し衛生環境の確保に努めている。また複数の医療機関が断水の中も独自の井戸で地下水をくみ上げ、手を洗うことも困難な住民にトイレなどを開放した。
 保団連は保険医協会・医会の協力も得ながら引き続き会員訪問を行う。

以上