ホーム


全国保険医団体連合会(保団連)の概要

 

■結成  :1969年1月26日

■結成理念:本会は地域医療を担う医師・歯科医師の団体です。本会は会員の経営・生活ならびに権利を守り、国民医療の向上、医療保障の充実、国民の健康の確保を図ることを目的としています。

■本会の性格:日本医師会、日本歯科医師会とは別の団体ですが、本会と日本医師会、日本歯科医師会の両方に加入している会員も多数おります。また本会は医師と歯科医師が共同で設立している団体です。

■主な活動
○患者・国民の健康を守る立場から、健康保険制度の改善を目指して活動しています。
○医師・歯科医師が一緒に在宅医療を行うなど、医師と歯科医師の連携を重視しています。歯科では、お口の健康の大切さを図解したパンフなどを作り、患者さんに配布しています。
○日常診療を充実させる研究会活動を各地で行い、毎年1回全国規模で医療研究フォーラムを開催しています。
○診察室で患者さんを診るだけでなく、健康教室を各地で開催し、日常の健康管理についてのお話や医療機関に対する要望などを伺うよう努力しています。

■組織機構:全国47都道府県に51の保険医協会(保険医会)があり、本会はその連合体です。

■会員数  :10万5,617人(2017年1月1日現在)
医師会員  : 6万5,124人
歯科医師会員: 4万0,493人

■役員  :会長・住江憲勇(Sumie Kenyu医師)、歯科代表・副会長・宇佐美宏(Usami Hiroshi)、副会長(医師5人、歯科医師4人)、理事(医師24人、歯科医師20人)、事務局長

 

以上