ホームニュースリリース・保団連の活動私たちの提言・意見

 

改訂版「知ってトクする!医療・介護・税金の負担軽減策」
(通称:知っトクパンフ)発行のご案内

2018年12月5日
全国保険医団体連合会

 

 好評をいただいている「知ってトクする!医療・介護・税金の負担軽減策」 (通称:知っトクパンフ)の改訂版(2019年〜)が完成しました!

待合室に「知っトクパンフ」を

「知っトクパンフ」を待合室に置いて患者さんに提供を。当たり前と思われる制度でも、患者さんが意外に知らない場合が多くあります。
「知っトクパンフ」は社会保障の負担増が続く中 で困っている患者さんに喜ばれるパンフです。

ご注文は、保険医協会・医会、保団連まで
A5判27ページ。定価100円です。

 

「知っトクパンフ」とは??

特徴1★ 申請しなければ利用できない制度を紹介!

 消費税増税、保険料の引き上げ、医療費窓口負担や入院時の食費・居住費の負担増、年金給付の切 り下げ…この間、社会保障の負担増が続いています。その中でも、「負担が軽減される制度」はありま すが、多くは申請しなければ利用することができません。これらの制度を知ってもらい、活用することで、少しでも患者さんの負担を軽減することができます。

特徴2★ 分かりやすい解説!

 「窓口に申請に行くための一歩」としての役割を重視し、誰が見ても分かるように内容や説明を工夫しています。改訂版では、高額療養費制度の解説を前回版(2016年版)から刷新しました。

特徴3★ 申請窓口で役立つ!

 「知っトクパンフ」を持って市区町村役場など制度の申請窓口へ行けば、手続きがスムーズです。制 度の申請をしようとしたらあちこちの窓口をたらいまわしにされた…というケースは多くあります。 「知っトクパンフ」を見せれば、すぐに担当課へ案内してもらえます。

 

「知っトクパンフ」の内容は?

「知っトクパンフ」の内容は、「税金」「医療」「介護」「障害」「生活保護」「その他」
の項目に分かれています。

税   金: 「収入」「所得」「課税所得」の違い、確定申告の際に役立つ医療費控除など
医   療: 窓口負担が高額になった場合に利用できる高額療養費制度など
介   護: 介護保険の「食事代」「居住費」の軽減など
生活保護: 月額支給額の具体例、就学援助制度など
そ の 他: 小児弱視の治療用眼鏡等は健康保険の対象となるなど、忘れがちなお役立ち制度を掲載

 

「知っトクパンフ」活用法―2016年版(前回版)の活用例

ケース1★ 高額療養費制度の活用

 高額療養費制度について患者さんに説明し、一カ月内に治療をまとめることで、 患者さんの負担が自己負担限度額で済むようにした。

ケース2★ 年金生活者でも生活保護が受給可能に

 「お金がないから病院に行けない」とお腹の痛みを我慢していた患者さんに「知っ トクパンフ」を渡した。患者さんは、年金生活でも生活保護を受けられる場合があ ると初めて知り、「命が救われた」と感謝された。

ケース3★ 認知症の患者家族へのアドバイス

 認知症の患者家族に対して医療だけでなく生活上のアドバイスをするため、医療 や介護の制度を説明する際に、「知っトクパンフ」を活用している。

 

医師・歯科医師、患者さんからの声

  • 介護をしている友達にプレゼントしたい
  • 確定申告の親切な解説が満載で、この冊子に早く出会えなかったことを悔 やんでいます
  • 税金が軽減された
  • 医療費控除の「家族の医療費も合算できる」「扶養家族でなくても別居で もよい」が参考になった
  • 待合室に置きやすい