ホームニュースリリース・保団連の活動私たちの提言・意見

歯磨きについての患者啓蒙広告のご案内

2021年12月24日
全国保険医団体連合会

 

 先日、沖縄県での新型コロナ感染クラスター発生のニュースの中で、「歯磨きが原因の可能性」とする報道がされました。テレビやネットニュースを通じて全国の患者さんが情報に接しており、歯磨きに対する不安からセルフケアを疎かにして、口腔の健康を損なうことも危惧されます。
 そこで、全国保険医団体連合会では、歯磨きエチケットを守った歯磨き習慣を継続するよう啓蒙のための広告を作成しました。医科歯科を問わず、医療機関で気軽に患者さんにお渡しいただける材料として、ご案内いたします。


↑画像をクリックするとPDFが開きます

エチケットを守って毎日の歯磨きを

 歯周病の進行や口腔機能の低下は、糖尿病や高血圧、COPD、誤嚥性肺炎など、新型コロナウイルス感染症の重量化リスクとなる基礎疾患の原因になります。感染を予防し、発症や重症化のリスクを抑えるために、歯磨きを中心とした毎日のセルフケアをしっかりと継続することが大切です。
 歯磨きの際には、飛沫を飛ばさないようにするなど感染拡大防止への注意が必要です。チラシで気をつけるポイントを確認して、エチケットを守ったセルフケアでウイルス感染症に負けない健康な身体を守りましょう。
 また、セルフケアだけでは完全にお口をきれいにすることはできません。あわせて、定期的に歯科医院での専門家によるケアを受けるようにしましょう。

ホームニュースリリース・保団連の活動私たちの提言・意見