ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次

いのち守れ 医療・介護・福祉の現場から
―社会保障の拡充求める声 10.17国民集会―

全国保険医新聞2019年11月5日号より)

 

雨空の下、社会保障の充実を求めてアピールする集会参加者

 医師の増員、診療報酬引き上げ、患者・利用者負担増中止などを求める「憲法・いのち・社会保障まもる10.17国民集会」が東京都内で10月17日に開催された。保団連も参加する同集会実行委員会が主催。協会・医会、保団連からの約150人をはじめ医療関係者ら2,500人超が参加した。集会では保団連の竹田智雄理事が貧困にある患者の事態を訴え、小説家でタレントの室井佑月氏がゲストスピーカーとして発言。その他さまざまな分野から報告があった。発言を紹介する。

壇上から国民皆保険を守ろうと訴える保団連からの参加者
竹田氏

貧困の糖尿病患者が脳梗塞に
保団連理事 竹田智雄氏

 50代の糖尿病患者が治療中断し、熱い夏の夜に脳梗塞を発症し、右半身麻痺となった。非正規で働き、家族の医療費の支払いで貯金が底をつき、食費も削りながら生活していた。窓口負担が軽ければ避けられた事態だ。
医療現場の改善には診療報酬引き上げが、お金の心配なく受診するためには窓口負担軽減が必要だ。大企業がしっかりと納税すれば社会保障を拡充することは可能だ。

 

ゲストスピーカー

医師の健康心配
小説家・タレント 室井佑月氏

室井氏

 20代前半で糖尿病を患い、最近は乳がんで放射線治療を続けている。医師や看護師に常に「頑張ったね」「最近どう」と励まされている。だから病院通いは大好きだ。
 医師や看護師は夜勤や長時間労働が当たり前となっていて、私は彼らの健康を心配している。国は医療や介護の人手不足対策にお金を投入すべきだ。
 安倍首相は野党の質問に答えずはぐらかす。権力を私物化する者に憲法を改正させてはならない。若者には「時代が変わる瞬間にデモの中にいたら人生楽しくないか」と訴え、投票を促していきたい。

リレートーク

真面目に頑張る小規模法人が淘汰
社会福祉施設経営者同友会会長 茨木範宏氏

茨木氏

 社会福祉事業への営利企業の参入が容易になり、福祉の営利化が進められている。小規模でもまじめに頑張る法人が淘汰されている。
 福祉分野の人手不足は深刻で、人材確保ビジネスも横行している。福祉は金儲けを目的とする事業ではなく、「生産性」の言葉は当てはまらない。医療関係者とも連帯して権利としての社会福祉を守りたい。

夜勤の配置基準 災害対応できない
東信医療生協労組・日本医労連 高見澤伸也氏

高見澤氏

 台風19号で介護施設も浸水被害にあい、夜勤の3人で利用者を3階へ搬送した。
夜勤の配置基準が低いため災害時に対応できない。人手が足りず本人と家族に寄り添う介護ができない。
介護利用者負担増や介護サービスの切り捨ては国の責任放棄。介護職員を専門職としてしっかり評価してほしい。

 

医師不足と診療報酬低下で病院赤字
公立長生病院労組・自治労連 吉井さと子氏

吉井氏

 千葉県茂原市で救急基幹センターに位置付けられている病院の老朽化が進み、昨年6月に病棟に水漏れが発生し一部が閉鎖した。看護師が減らされ夜勤回数や残業代の増加 患者サービスの低下が起きている。
当局は、人件費が高いことが赤字の理由だとするが、主な原因は慢性的な医師不足や診療報酬の引き下げにある。労使交渉で必要な医師確保などを申し入れた。

 

受診我慢し続け入院2週間で死亡
立川相互病院副看護部長 大日向いずみ氏

大日向氏

 昨年、立川市の69歳男性が受診を我慢し続け、入院後2週間で死亡した。
病院で実施したアンケートによれば、「症状が重いときだけ受診」「受診回数を減らす」「薬を自己調整する」など受診抑制が進んでおり、国保料の引き下げと窓口負担軽減を求める切実な声が寄せられた。 
国は国保の補助金を減らし続けてきた。国保加入者が医療から排除されてはならない。

 

10・17国民集会
医療関係団体メッセージ・賛同一覧

日本医師会からのメッセージ

 「憲法・いのち・社会保障まもる10・17国民集会」のご盛会を心よりお祝い申し上げます。
 関係各位のご尽力に敬意を表し、参加者皆様のご健闘ご活躍を祈念いたします。

会長 横倉義武

日本歯科医師会からのメッセージ

 日本歯科医師会は従来より公的医療保険の更なる充実と、次世代に引きつぐべき国民皆保険の堅持を強く訴え続けてきました。
 超高齢社会にあっては更にこの方針のもとで、歯科医療をとおして国民の健康と生活を守っていきたいと考えています。
 本日のご盛会を心より祈念いたします。

会長 堀 憲郎

 

賛同一覧(順不同)

医師会

安八郡医師会/海津市医師会/各務原市医師会/下呂市医師会/高山市医師会/多治見市医師会/土岐医師会/羽島郡医師会/武儀医師会/養老郡医師会/松阪地区医師会/伊丹市医師会/三木市医師会

歯科医師会

北海道歯科医師会/宮城県歯科医師会/秋田県歯科医師会/岐阜県歯科医師会/鹿児島県歯科医師会/揖斐歯科医師会/羽島歯科医師会/もとす歯科医師会

その他

三重県社会保障推進協議会/三重心臓を守る会/三重難病連

以上