ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次

会長賞に熊本協会・濱武諭氏 ― 第31回全国保険医写真展

全国保険医新聞2020年6月25日号より)

 

 保団連は、第31回全国保険医写真展の審査委員会を6月6日に開催した。小松健一氏を含め写真家2人で審査を行った。今回の写真展には23協会から81作品(自由テーマ69作品、個別テーマ「挑戦」12作品)の応募があった。会長賞、審査委員長賞の他、特選3点、入選6点を選んだ。受賞作品は次の通り(敬称略)。

 

■会長賞

 熊本協会・濱武諭「札沼線を廃止にしないで!」(自由テーマ)

■審査委員長賞

 大阪協会・河合美枝子「樹命」組写真(自由テーマ)

■特選

 自由テーマ:東京歯科協会・矢島昇悟「はじめまして。」
 個別テーマ「挑戦」:愛知協会・浅岡紀良「対戦相手は私?」/沖縄協会・原国政裕「滑落!」

■入選

 自由テーマ:福島協会・吉田豊「森の王者(クマタカ)」/岐阜協会・坂野昭八「光芒」/愛知協会・齊藤みち子「縁結び」/三重協会・内山勝之「勇姿」
 個別テーマ「挑戦」:広島協会・堀司郎「子供飛脚6人衆」/香川協会・永峰伸一「餅つきに初挑戦」


 第31回全国保険医写真展は、6月30日(火)〜7月5日(日)まで東京・半蔵門・JCIIクラブ25にて開催する。
(※2作品応募の場合は1作品のみの展示)。

以上

ホームニュースリリース・保団連の活動>保団連の活動など