ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次

【2021衆院選】♯いのちまもる 医療・社会保障を立て直せ!
10.14総行動

全国保険医新聞2021年10月25日号より)
2021衆院選特集はこちら

 

会場から見える厚労省庁舎に向かって「いのちまもれ」と声を上げる参加者

 

 保団連は他の医療団体、労働組合と共に、「#いのちまもる医療・社会保障を立て直せ! 10.14総行動」を開催した。会場の東京・日比谷野外音楽堂と全国をウェブでつないだ。31日の衆院総選挙を視野に、医療、介護などの現場から社会保障充実の政治を実現しようと声を上げた。発言の要旨を紹介する。

 

経済格差が健康格差にならないよう―保団連副会長・歯科医師 森元主税

医療提供体制を立て直す政治への
転換を呼び掛けた森元副会長

 コロナ感染者数は減ったが、医療機関の受診控えや介護の利用控えが、健康に影響している。子供たちへの影響も大きい。学校健診後治療調査では、健診で受診が必要とされた子どもの4〜6割が未受診のままであることが分かった。歯科が最も未受診率が高かった。コロナ感染を懸念したであろう受診控えだけでなく、学校側からは経済的困難も大きな理由として挙げられた。
 経済的困難では、高齢者も深刻だ。私の歯科医院の患者さんで、費用負担を気にして新しい入れ歯を作らないでほしいという人がいた。食べる楽しみを諦めるなど、こんな酷なことがあるだろうか。政府は75歳以上の2割負担を強行したが、経済格差が健康格差にならないように、患者負担を軽減し、全ての人がお金の心配なく医療が受けられるようにすることこそが必要だ。
 長年の低医療費政策、医師数抑制策によって脆弱になった、医療提供体制の立て直し、診療報酬の大幅引き上げが必要だ。命を守る政治への転換を実現しよう。

保健所機能の拡充不可欠―保健師 山本民子

 保健所は公衆衛生の第一線機関だが、縮小が続き、1994年から2020年までで約半数になった。保健所の役割は、母子保健、精神保健、食の安全等々、疾病予防の観点に立った活動にあるが、コロナ以後はマヒ状態だ。東京では、特に五輪開催の影響による感染爆発によって、業務崩壊状態だ。職員の業務負担はパンクし、メンタルの問題を抱え休職していく同僚も少なくない。地域の健康維持には保健所機能の充実が不可欠だ。

感染リスクの中で勤務もう限界―看護師 小玉裕加子

 感染リスクと隣り合わせのプレッシャーの中で勤務し続けるのは、もう限界だ。政府のコロナ対応で明らかになったのは、専門家の意見を聞かず、自分の都合を忖度させる政治の行き詰まりだ。また、コロナ禍で多くの非正規労働者が失業し、生活が立ちゆかなくなった。命を救っても暮らしていけないような社会ではだめだ。命が平等に尊重される持続可能な社会をつくろう。

事業所へ財政支援継続を―通所介護施設・生活相談員 竹原真由美

 現場での感染防止の負担が大きい。認知症の人はマスクを外してしまったり、周囲がそれを不満がったり、利用者の中で不協和音も生じた。感染拡大地域からの親族の帰省などによって、2週間デイサービスの利用を控えてもらったり、ヘルパー援助が受けられなかったりするため、心身の状態悪化や家族の介護負担増加などにつながった。現場の人手不足も深刻。感染対策の補助金や職員への慰労金などは終了した。感染症対応のためにも、介護事業所への財政支援を継続してほしい。

子ども守れる労働環境を―保育士 福祉保育労島根支部の皆さん

 感染対策に配慮し、どうにか運営しているが、子どもたちは自分では密を避けるなどの配慮はできない。大人が工夫するしかないが、4歳以上の子ども30人に対して保育士1人などの国の配置基準では、保育士の負担は大きい。また、災害時の避難などの安全面でも不安が大きい。私たちはエッセンシャル・ワーカーと呼ばれるようになったが、低賃金で人手が確保できない状況は変わらない。子どもたちを守れる保育を実現してほしい。

寄せられたメッセージ

日本医師会 会長 中川 俊男
 「#いのちまもる 医療・社会保障を立て直せ!10.14総行動」のご盛会を心よりお祝い申し上げます。
 関係各位のご尽力に敬意を表し、参加者皆様のご健闘を祈念いたします。
日本歯科医師会 会長 堀 憲郎
 日本歯科医師会は従来より公的医療保険の更なる充実と、次世代に引きつぐべき国民皆保険の堅持を強く訴え続けてきました。
 超高齢社会にあっては更にこの方針のもとで、歯科医療をとおして国民の健康と生活を守っていきたいと考えています。
 本日のご盛会を心より祈念いたします。
その他、メッセージを寄せた医師会・歯科医師会
医師会 愛知県医師会/高知県医師会/安八郡医師会/海津市医師会/加茂医師会/郡上市医師会/下呂市医師会/高山市医師会/多治見市医師会/土岐医師会/羽島郡医師会/松阪地区医師会/武儀医師会/養老郡医師会/芦屋市医師会/伊丹市医師会
歯科医師会 北海道歯科医師会/宮城県歯科医師会/秋田県歯科医師会/岐阜県歯科医師会/揖斐歯科医師会/海津歯科医師会/山県市歯科医師会

以上

ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次