ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次

【2021衆院選】各党はどう答えたか
保険医の要求衆院選・政策アンケート

全国保険医新聞2021年10月25日号より)
2021衆院選特集はこちら

 

 総選挙を前に保団連は、「診療報酬引き上げ」「患者負担増の中止」など保険医の重点要求として掲げた12項目に関し主要各党にアンケートを実施した。回答結果(表)を紹介する。

〇=賛成、×=反対、△=その他 自民 公明 維新 立民 国民 共産 社民 れいわ
医療機関等への減収補填


社会保障費「自然増」抑制の中止 × ×
75歳以上窓口2割化の中止 × × ×
病床削減計画の中止
就学前まで子ども医療費無料化
国制度の創設
×
妊産婦医療費の無料化 ×
診療報酬の大幅引上げ
介護報酬の大幅引上げ
消費税をただちに5%減税 ×
原発再稼働の中止 ×
9条改憲しない × ×
辺野古新基地建設の中止 ×

 保団連は衆院選候補者擁立予定の主要政党に衆院選政策アンケートを送付。自民、維新、立民、国民、共産、社民、れいわから回答(表)があった。公明からは期限までに回答がなかった。
 自民は重点要求12項目全てに賛成した項目はなかった。「75歳以上医療費2割化の中止」には、立民、共産、社民、れいわが賛成。「病床削減中止」には、立民、国民、共産、社民、れいわが賛成した。「子ども医療費無料化、診療報酬・介護報酬引き上げ」には、共産、社民、れいわが賛成した。「妊産婦医療費無料化」には、維新、共産、社民、れいわが賛成した。「消費税5%減税」には維新、共産、社民、れいわが賛成した。「9条改憲しない」、「辺野古新基地建設中止」には、立民、共産、社民、れいわが賛成した。「原発再稼働の中止」には、共産、社民、れいわが賛成した。
 各党の政策や保団連の主張は、特集ホームページに掲載する。これまでの政権運営などを見極めて投票を呼び掛けたい。

2021年衆院選特集ホームページはこちら

以上

ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次