ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次

75歳以上窓口負担2割化ストップへ
署名にご協力ください

全国保険医新聞2022年2月15日号より)

 

 政府が今年10月に開始しようとしている75歳以上の窓口負担2倍化をストップするために、保団連では署名に取り組んでいます。過去には、70〜74歳の窓口負担を2割にする法律が成立した後、6年間実施を凍結させたこともあります。
 保団連作成のリーフレットと署名用紙を使って、ぜひ署名にご協力ください。

 ネット署名はこちらから

 お問い合わせは協会・医会、保団連まで


(左)リーフレット:保団連の公式キャラクターが、75歳以上の窓口負担2割化、医師・看護師不足、病床削減などをわかりやすく解説。(右)署名用紙:請願事項は75歳以上の医療費窓口負担2割化の中止。

以上

ホームニュースリリース・保団連の活動保団連の活動など 目次