ホームニュースリリース・保団連の活動私たちの提言・意見

 

平成30年7月豪雨による取り組み

2018年7月20日現在

 

 平成30年7月豪雨による甚大な被害に伴い、全国保険医団体連合会では、医師、歯科医師10万6千人の団体として、被災された方々の生命と健康を守るための医療支援と、被災地域の医療体制の復旧・復興を求めて様々な取り組みを行っています。以下に取り組み内容や情報をご案内します。

 

1.「西日本豪雨災害救援募金」へのご協力のお願い

 全国保険医団体連合会では、西日本豪雨(平成30年7月豪雨)災害救援募金に取り組みます。集まった募金は主に被災会員のお見舞いに充てます。詳しくはこちらを御覧ください。

2.被災者の診療を行う医療機関へのご案内

 ○医療機関向け、医療費免除・請求のご案内[PDF:934KB]
 ○被災者向け、医療費免除ポスター[PDF:104KB]

 

3.要請書

 平成30年7月豪雨による被災者医療と医療提供体制確保に関する緊急要望書(2018年7月12日)[PDF:209KB]

 

4.各種リンク

 ○被災者の被保険者証等の提示及び一部負担金等の取り扱い通知(厚労省HP)

 ○被災者の医療機関等での受診の際の負担猶予ポスター(厚労省HP)

以上