全国保険医団体連合会ロゴ

研究会交流サイト

各地の保険医協会・保険医会が主催するウェブ研究会・講習会に参加できます

保団連は、各地の保険医協会・保険医会が主催するウェブ研究会・講習会について、他県の会員も参加・視聴できる「相互利用」を促進しています。 これまでに多くの研究会・講習会が相互利用されてきました。

「相互利用」できる研究会・講習会を保団連メールマガジンでも配信しています。下記の「協会研究会一覧」はどなたでも閲覧できますが、 申込用フォームは登録無料の 保団連情報サービス に登録した会員限定で利用できます。

協会研究会一覧

1列表示
2列表示
2024 3

1

顎関節症のリハビリを探して~患者さんと一緒に~

2

医療者に必要なLGBTQに関する知識

3

4

5

6

12

13

14

15

18

19

20

21

22

25

26

27

28

29

30

31

2024 4

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

12

13

15

16

17

18

19

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

18

項目をクリックすると詳細を表示します

オンライン開催現地開催政策

2024-03-07(木)
19:30~21:00

増大する医療費と薬剤費-イノベーションと安定供給の行方

本田 孝也 氏(本田内科医院院長、長崎県保険医協会会長)

千葉県保険医協会

2022年度の概算医療費は46兆円と過去最高を更新しました。薬剤費は2016年度以降の抑制策により10兆円規模で推移。一方で、後発医薬品企業の不正に端を発した医薬品の供給不足は深刻です。4月の診療報酬改定で長期収載品に選定療養が導入されました。イノベーションと安定供給は実現するのか。公開された情報をもとに分析します。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-03-05(火) 12:00

【備考】
WEB定員:100名
※当日は講師が来場しないリモート講演会になります。

オンライン開催現地開催歯科

2024-03-08(金)
19:00~21:00

基礎疾患を考慮した歯周病治療について

慶應義塾大学医学部歯科・口腔外科学教室 専任講師 森川 暁氏

神奈川県保険医協会

超高齢社会の日本において,基礎疾患を有する患者さんが歯科医院を受診することは 珍しくなく,それぞれの基礎疾患に対する基本的な知識と歯科治療時における対応を 身につけておくことが必要である。また安全な歯科治療を提供するために,医師との 照会状のやり取りは必須である.本講演では基礎疾患を有する患者さんの歯周病治療 を確認し,歯周治療が基礎疾患の改善に貢献できる可能性についても考察したい.

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-03-06(水) 17:00

【備考】
※他協会にご所属の参加者はURLより直接申込可能ですが、ご所属協会を通じて当協会までに①医療機関名、②参加者名、②メールアドレス、④医療機関電話番号を事前にお伝えの上、ご参加をお願いいたします。
※URLで参加登録の際、ご所属協会もご入力をお願いいたします。

オンライン開催現地開催医科日医CC

2024-03-09(土)
19:00~20:45

有床診に役立つ、最近の動向 ~宿日直許可は、産科だけではない~

森永博史氏 医療法人ウッドメッド会 森永上野胃・腸・肛門科
金森 正周 氏 医療法人社団金森会 金森医院
熊本県医療勤務環境改善支援センターの職員

熊本県保険医協会

講師の森永博史氏には、昨年9月に開催された全国有床診療所連絡協議会の内容や、12月3日有床診の日に日医会館で行われた内容と、次回診療報酬改定に向けて有床診に関する内容を、熊本県医療勤務環境改善支援センターの職員の方には、宿日直許可に関するスキームなどの内容を、金森正周氏には、入院患者には必ずACPを取っておられますので、有床診療所急性期・在宅患者支援病床初期加算に関する内容や自院の取り組みなどを、それぞれお話しいただきます。たくさんの有床診の先生方のご参加をお待ちしております。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-03-07(木) 17:00

【日医CC】
「12:地域医療(1.5単位)」
日医生涯教育制度の認定講座(予定含む)です

オンライン開催現地開催平和

2024-03-09(土)
14:30~16:30

「汚染水海洋放出」福島からの報告

牧内昇平氏(ライター、元朝日新聞記者)

その他関係団体(備考欄参照)

2023年8月24日、国と東電は福島第一原発にたまる汚染水の海洋放出を始めました。 放出のリスクや代替案は十分に議論されたのでしょうか?反対する人びとの声は聞き届けられたの でしょうか?大いに疑問が残ります。 また、開始からわずか2か月後には汚染水処理設備のメンテナンス中だった作業員が被ばくし、入院 する大事故が起きてしまいました。しかし、それにもかかわらず放出は現在も粛々と進められています。 福島県の内堀雅雄知事は国の方針に追従するばかりですが、一方で福島に住む市民たちはさまざまな形で声を上げています。汚染水海洋放出をめぐる福島の動きを紹介します。

申込みフォームはこちら

【備考】
みやぎ反核医師・歯科医師の会

オンライン開催その他

2024-03-10(日)
10:00~12:00

子供も大人も100まで元気!特別講演 時代先取り!アメリカに於ける医療用アロマの今!

ルッツ・小平悦子 氏(シカゴ在住)臨床アロマセラピスト/スイス・イギリス・アメリカで活躍 日本人初のIFA(国際アロマテラピー協会)理事 アロア事典など複数の書籍監修・著作・翻訳と教育に携わる

群馬県保険医協会

医師、歯科医師、また多くの一般の方にも知っていただきたいエッセンシャルオイルの講演会です。心身のストレスケア、ストレスに負けない体づくりは、先が見通せない現状では欠かせません。こういう時代だからこそ、エッセンシャルオイルが大活用します。アーカイブ配信がありますので、当日ご予定がある方も是非お申込みください。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-03-05(火) 23:59

オンライン開催現地開催政策

2024-03-11(月)
19:30~21:00

日本医療の歴史と現実を踏まえたかかりつけ医機能の強化
-この間の論争と西欧医療の現地調査を踏まえて

日本福祉大学名誉教授 二木 立 氏

神奈川県保険医協会

「かかりつけ医」VS「かかりつけ医機能」論争の実相を解く 多くの国民・患者が「かかりつけ医」を持つことは、「権利」ではあっても「義務」ではありません。コロナ禍の2021年以降、「かかりつけ医の制度化」を巡り医療界内外で激しい論争が繰り広げられました。2023年5月に成立した医療法改正で「かかりつけ医の制度化(登録医制)」は否定され、「かかりつけ医機能が発揮される制度整備」を行うことになりました。 現在、その制度整備の具体化が検討中です。先の論争であった英国制度の優越視は既に幻想だと明らかとなっています。今講演はこれらを総合これらを総合的に解明し、課題や展望に触れる。

オンライン開催医科

2024-03-16(土)
14:00~16:00

精神疾患が疑われ対応に苦慮する患者とどうかかわるか

埼玉県立精神医療センター副病院長 成瀬 暢也 先生

京都府保険医協会

一般医療現場において、情動不安定であったり、攻撃的であったり、被害的になったり、自分を傷つけるなど、精神疾患が疑われる患者に対応せざるを得ないことがあります。そのような患者に適切に対応するためには、正確なアセスメントが不可欠です。対応に苦慮する患者の背景にはなにがあるのか。どのように対応すればいいのか。当日は、日常的にみられる具体的な例をもとに、みなさんと考えてみたいと思います。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-03-12(火) 17:30

【備考】
〈参加証について〉
本講習会は医療法に定められた「医療安全管理のための職員研修」(無床診療所対象)に該当します。ご希望の方には、講習会後にアクセス記録を確認した上で、ご登録いただいたメールアドレス宛に参加証をお送りいたします。

オンライン開催現地開催医科

2024-03-16(土)
19:30~21:00

オンライン診療の現状と課題

黒木 春郎 氏(医療法人社団嗣業の会 こどもとおとなのクリニック パウルーム 院長)

千葉県保険医協会

新しい診療技術であるオンライン診療について、導入から使用方法まで、またどのような患者さんが適応になるのか、さらにオンライン診療をはじめとした遠隔医療が目指す医療の姿は何か、お話をできればと思います。こうした新しい技術に私たちが使われるのでなく、私たちが主体的に導入することを目指していきたいと思います。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-03-15(金) 12:00

【備考】
WEB定員:100名

オンライン開催現地開催医科

2024-03-17(日)
14:00~15:30

脂肪肝をとりまく最新の話題 NAFLDという呼び方は古い!MASLDの時代へ

川中 美和 氏(川崎医科大学総合内科学2准教授)

岡山県保険医協会

新たな概念として、脂肪肝に生活習慣病を1項目以上合併しているMASLDや脂肪肝に20-60g/日の飲酒歴があるMetALDや60g/日以上の飲酒歴があるアルコール関連肝疾患(ALD)、二次性脂肪性肝疾患(SpecificAetiologySLD)、成因不明脂肪性肝疾患(CryptogenicSLD)などと分類が日本肝臓学会から新たに提唱された。つまりこれまで飲酒しない脂肪肝が注目されていたが、飲酒する太った脂肪肝にも注目が集まっている。今回、新しい定義とどのような脂肪肝に注目すべきか、どのように治療していくべきかについて述べる。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-03-14(木) 23:59

オンライン開催現地開催医歯共通

2024-03-23(土)
19:00~20:30

ゲノム解析の発展がもたらした遺伝性腫瘍のパラダイムシフト

隈元謙介先生(香川大学医学部ゲノム医科学・遺伝医学 教授)

香川県保険医協会

遺伝性腫瘍のうち、乳癌や卵巣癌になりやすい遺伝性乳癌卵巣癌が最も多く、保険適用で原因遺伝子の検査ができるためきちん と診断することで本人や血縁者の健康管理に役立ちます。大腸癌になりやすい体質の家族性大腸腺腫症や女性では大腸癌以外に 子宮体癌にもなりやすいリンチ症候群も実はよく耳にする「がん家系」の疾患の可能性があります。ゲノム解析技術の発展がこれ まで熟知されてこなかった遺伝性腫瘍の診断・治療に大きく寄与しています。 今後、AIを活用して癌だけでなくゲノム解析により様々な疾患の予防医学にも貢献していきたいと考えております。

オンライン開催現地開催社会

2024-03-24(日)
14:30~16:30

これからの医療と社会的共通資本~宇沢弘文が伝えたかったこと~

占部まり氏(内科医、宇沢国際学館代表取締役、日本メメントモリ協会代表理事)

長野県保険医協会

経済学者として世界的な功績を残した宇沢弘文氏の長女として生まれ、内科医として地域医療に貢献する占部まり先生をお招きします。 これからの日本の医療制度について宇沢氏の理論を用いて読み解いていきます。 松本会場、オンライン会場、どちらも参加無料です。ふるってご参加ください。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-03-19(火) 23:59

オンライン開催現地開催歯科

2024-04-11(木)
18:00~20:00

はじめての訪問歯科診療と多職種連携

坂井 謙介 氏( 医療法人隼和会 坂井歯科医院 院長(愛知県名古屋市))

三重県保険医協会

最近では訪問診療に携わる先生も増えてきましたが、一歩踏み出せない方も多いと思います。一方で患者さんは高齢となり、自院の患者さんから訪問を依頼されるケースも出てきているのが現実ではないでしょうか? 今回、訪問診療の準備、保険点数の初歩、そして症例を供覧して訪問歯科診療を肌で感じていただきたいと思います。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-04-08(月) 23:59

オンライン開催診療報酬

2024-04-11(木)
14:00~16:00

施設基準届出書作成セミナー

花山 弘 氏・京都府保険医協会 事務局長

三重県保険医協会

入院料の届出、日常管理に必要な届出書添付書類「様式9」作成について解説します。 適時調査が各地で再開されているこの機会に、看護要員管理や「様式9」作成のご担当者など広くご参加ください。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-03-29(金) 17:30

【備考】
参加者定員:80人

オンライン開催現地開催医科日医CC

2024-04-14(日)
14:00~16:00

心電図学の軌跡〜 心電図の発見から現代の不整脈治療まで 〜

新谷 卓也 氏・独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター循環器内科 医長

三重県保険医協会

「心電図」の発明は、“なぜ心臓という筋肉の塊が血液を拍出できるのか”を見事に説明しました。120年も前の話です。以来、心臓病の病理を理解し、その治療法を生み出すのに今でも大きく貢献しています。最新の治療にも触れつつそんなお話をさせていただきます。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-04-05(金) 17:30

【日医CC】
「43:動悸(2.0単位)」
日医生涯教育制度の認定講座(予定含む)です

新着オンライン開催現地開催歯科

2024-04-14(日)
10:00~12:00

希少疾患先天性無歯症患者の欠損歯を再生する新規抗体医薬品の開発 ~『歯生え薬』の研究開発にかけた30年~

高橋 克氏(医学研究所北野病院 歯科口腔外科主任部長)

岐阜県保険医協会

先天性無歯症の原因遺伝子として、EDA1、WNT10A等が同定され、多くがマウスとヒトで共通である。USAG-1遺伝子欠損マウスにおいて、過剰歯を見出し、歯の数を増やすことができる標的分子を同定した。抗USAG-1中和抗体を作製し、先天性無歯症モデルマウスに投与することで先天欠如歯の形成が回復することを見出し、トレジェムバイオファーマ株式会社を起業した。ヒト化抗USAG-1抗体の最終開発候補物TRG035を決定し、非臨床試験を完了した。現在臨床試験の準備をすすめている。(講師より)

新着オンライン開催医科

2024-04-20(土)
14:00~16:00

医療安全講習会「ヒューマンエラーの防止策:安全人間工学の立場から」

早稲田大学理工学術院 創造理工学部 経営システム工学科教授 小松原 明哲 氏

京都府保険医協会

患者や医薬品の取り間違え、投与失念などの些末なミス(ヒューマンエラー)も、時に重大な医療事故につながりかねない。医療業務を確実に行うためには、当事者の適切な注意に加えて、ミスの生じにくい業務環境作りも求められる。一般産業では古くからそれらへの取り組みがなされており、医療現場においても有益なものがとても多い。今回は、ヒューマンエラーの防止への基本的な考え方と、現場ですぐに実践できる効果的な防止テクニックを紹介したい。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-04-16(火) 17:30

【備考】
本講習会は、医療法に定められた「医療安全管理のための職員研修」(無床診療所対象)に該当します。希望者には、アクセス記録を確認の上、 参加証 を発行します。

新着オンライン開催現地開催臨床研究

2024-05-11(土)
14:30~17:00

内科臨床研究会 勤務医の会 学習講演会
①「医学教育の近年の動向」
②「造血器悪性腫瘍治療の進展」

①名古屋大学大学院医学系研究科総合医学教育センター 教授 錦織 宏 氏
②大垣市民病院血液内科部長 小杉 浩史 氏

愛知県保険医協会

①医学生・研修医の教育はこの20年ほどで大きく変わってきています。共用試験の公的化、日本医学教育評価機構による認証評価、診療参加型臨床実習の推進など、近年の医学教育の動向について皆様と共有し、質疑応答で議論を深めたいと思います。 ②造血器悪性腫瘍の治療は、創薬開発により大きな進展を遂げている。悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病のいずれの分野においても大きな進展を見せており、特に、CAR-Tや二重特異性抗体などの免疫治療の展開にはさらに期待されるところである。本講演ではこれらを概観させていただく。

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-05-10(金) 23:59

【備考】
日医CC:予定:2.0単位、カリキュラムコード:7(医療の質と安全)、9(医療情報)
・講演中に、チャットで「申請用コード」(キーワード)をお送りします。
・研究会の終了時又は退出時に「申請用コード」入力用のフォームが表示されますので、「申請用コード」をご入力頂きご返信ください。
・「申請用コード」が合致した方のみ単位の申請をさせていただきます。

オンライン開催医科

2024-05-26(日)
14:00~16:00

医科個別指導研修会

山田 祐也 氏・全国保険医団体連合会

三重県保険医協会

指導を勉強しよう! 医科個別指導研修会

申込みフォームはこちら

【申込締切日時】
2024-05-17(金) 17:30

【備考】
参加者定員:40人